廃棄ビニール傘をバッグにする【PLASTICITY】不要になった傘のビニールを1枚100円分のポイントで買取!

  1. アイテム

廃棄ビニール傘をバッグにする「PLASTICITY」、自宅で不要になった傘のビニール部分を1枚100円分のポイントで買取する取り組みを開始!

 

株式会社モンドデザイン(本社:東京都港区)は、クリエイター齊藤明希と共同開発をした、日本初となる『捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用』するブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」にて、家庭で使用しなくなったり、壊れたりしたビニール傘のビニール部分を、1枚につき100円分のPLASTICITY公式オンラインストアで利用できるポイント※で買い取りする取り組み「Umbrella Recycling Program」を2021年1月27日(水)より開始します。

■プログラムの詳細
2020年4月の製品販売以降、一般の方から、「自宅にある不要なビニール傘を再利用出来ないか?」という声が多く寄せられ、いつのまにか家に溜まってしまう不要になったビニール傘を効率よくリサイクルする事と、さらにはアップサイクルをより身近に感じてもらう為にはどうしたら良いかを考え、今回のプログラム「Umbrella Recycling Program」を開始する事となった。回収する傘はビニール傘(プラスチック傘)であれば種類や破損状態などは特に指定なく回収可能。本プログラムにて回収した素材は、再度の検品・洗浄を行った後にPLASTICITYで販売する製品にアップサイクルされます。
今後は公式ストアで利用出来るポイントにとどまらず、現金またはキャッシュレス決済などでも利用できるポイントでの還元を行う事を計画しています。
※今回のプログラムでは、PLASTICITY公式オンラインストアで利用できるポイントとなります。

公式ホームページ:https://plasticity.co.jp/
プログラム詳細ページ:https://plasticity.co.jp/pages/umbrella-recycling-program

 

SDGsへの取組みが各所で本格化し始めているこの頃、持続可能な社会への取組みの一つとして身近に感じ、実行できる機会と言えるプログラムへの「応援」として参加してみるのもいいかもしれません。

回収風景

プレス風景

製造風景

 

■PLASTICITY(プラスティシティ)について
PLASTICITYは2020年4月から販売を開始した新ブランド。全ての製品には廃棄されたり忘れ物として保管された後に最終的に廃棄されてしまうビニール傘を全面にリサイクルをしている。防水性やメンテナンス性といった傘の持つ素材の特性を最大限活かすため、そのままの状態で何層にも重ねてプレスをする独自の加工方法を開発。さらに、加工工程で雨模様の表情を生み出す事により他の製品には無い独特な質感を持つ製品が完成。

■齊藤 明希氏の概要
PLASTICITYファウンダー・クリエイター
1992年千葉県浦安市生まれ。幼少期をニューヨーク郊外で過ごす。イギリスのリーズ大学コミュニケーションズ学科卒業後、日本の企業に就職するが、幼い頃から好きだったものづくりで何かを始めたいと思い、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ・バッグメーカーコースに入学。中学生のとき古いスカートをバックパックにアップサイクルしたのがバッグ作りの原点。環境、動物、人に優しいファッションに関心を持つ。在学中にPLASTICITYを立ち上げ、2020年卒業後に活動を本格化する。

 

 

 

joymum

インテリア&ファブリック業界の企画開発界隈でうろうろウン十と数年。もう「WITH エイジング」でいこう!をモットーに、毎日5kmじょいの介との散歩と、まったりが心の支え。いつかカモメ食堂みたいな北欧の暮らしを夢見る日々を過ごす。

記事一覧

関連記事

A BATHING APE® × COACH

 コーチは、アメリカを代表するレザーハウスと日本のストリートファッションの草分け的存在とのコラボレーションとなる A BATHING APE® x Coach …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。