ルイ・ヴィトン、世界一周旅行をテーマにした期間限定の「サヴォアフェール イベント」を六本木ヒルズ店にて開催中

  1. アイテム

2022年7月5日より、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店では「ファッションが好きな若いカップルが世界一周旅行を楽しむ様子」をコンセプトとし、店舗全体を使用した大規模な「サヴォアフェール イベント」を開催しています。

会期中は通常営業をせず、世界各地の都市やリゾート地を想わせる旅の空間へ来場者を誘います。限定生産の家具やオブジェで構成される「オブジェ・ノマド コレクション」のほか、「ワードローブトランク」をはじめとする多彩なハードトランクや、遊び心溢れるテーブルゲームなど、普段は一部店舗のみでの取扱いとなる特別な製品の数々が一堂に揃います。
 

(C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

1階では「世界各地の自然」をテーマに「ブラジルの秘境」、「地中海の島」そして「オランダの花畑」と題した3つの空間が広がります。最初に登場するのは「ブラジルの秘境」──木々が鬱蒼と生い茂るジャングルを想わせる部屋には、ブラジルの伝統的なスイーツにちなんで名付けられた「ボンボカ・ソファ」や、オブジェとしてはもちろん間仕切りとしても使用可能な「アグアカテ」など、ブラジル出身のカンパーナ・ブラザーズによる多彩な製品を展示。階段の途中に吊り下げられたチェア「コクーン」や、奥に位置するパトリシア・ウルキオラが手掛けた「スイング・チェア」の佇まいは、まるでジャングルに設けられたハンモックのようです。
 

(C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

奥に広がる「地中海の島」は、透き通った海と浜辺のコントラストが印象的。数々のパーティーシーンに対応した特別なハードトランクや、リラックス感溢れる「オブジェ・ノマド コレクション」が多数展示されています。茶器が一式収納された「ボワット・アフターヌーンティー」や、パトリシア・ウルキオラが手掛けた「パラヴェール・チェア」は、浜辺でゆったりとお茶を愉しむのに最適。夜はシックなモノグラム・エクリプス キャンバスの「パーティー・トランク」に収納されたミラーボールが心躍る空間を演出します。付属するシェイカーでカクテルを楽しむ ことも。
 

(C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

「オランダの花畑」と題した空間では、アトリエ・オイによる「オリガミ・フラワー」が色とりどりに咲き乱れています。カンパーナ・ブラザーズが手掛けたプーフ「メレンゲ」が配されたその様子は、まるでオランダのチューリップ畑に迷い込んだよう。アトリエ・オイによる「スイング・ボート」はガーデンに位置するブランコのように楽しげな様子です。その隣に置かれたフローラルな設えが印象的なトランクは、ウィメンズ アーティスティック・ディレクター ニコラ・ジェスキエールが手掛けた2022秋冬コレクションから着想を得ています。
 

(C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

 2階は「世界各地の邸宅」をテーマに、パリ、コペンハーゲン、ニューヨークの3都市を想わせるエリアが登場。「パリ」と題された部屋は、リビング、ダイニング、そしてワードローブの3つの空間に分かれ、それぞれのテーマに合ったアイテムがエクスクルーシブな空間を演出。エリアの中央に配され、トロピカルフラワーを想わせるチェア「ブルボ」は、オフホワイトの色合いがシックな空間にマッチしています。ダイニングに展示されたロー・エッジズによる「コズミック・テーブル」や「ドールズ」チェア、マルセル・ワンダース スタジオが手掛けた「ダイヤモンド・ベース」、またカクテル用のシェイカーやグラスを収納可能な「マル・カクテル」はいずれもレッドカラーを基調とし、洗練された空間に温かい印象をもたらします。ワードローブには、昨年発表されたマルセル・ワンダース スタジオの「ペタル・チェア」のほか、伝統的なモノグラム・モチーフとトランクの籐細工を再解釈した「ダイヤモンド・スクリーン」、またジュエリーを収納する「マル・ヴァンドーム」など、着替えや収納に最適なアイテムも揃います。

 続く「コペンハーゲン」の部屋では、ブルーやイエローなどのヴィヴィッドなカラーを基調としたアイテムと、木の温もりを感じさせる空間のコントラストが印象的。雨に晒され長い年月を経た岩肌を想わせるアンドリュー・カドレスの「ウェーブ・シェルフ」や、繊細で流れるような伝統舞踊の動きから着想を得たアトリエ・オイの「サーペンティーン・テーブル」、日本の折り紙からインスピレーションを得てアトリエ・オイが手掛けた「スツール」などが展示されています。透明感のある5色の手吹きムラーノガラスを7つ使用した照明「トーテム・リュミヌー」が空間のアクセントに。

 

(C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

奥に位置する「ニューヨーク」の部屋は、レンガ造りのタウンハウスを想わせる雰囲気に。プレイルームの中心には、モノグラム・エクリプス キャンバスのポケットビリヤードテーブル「ル・ビヤール」やテーブル・フットボール「バビフット」、そしてサイドには「DJトランク」や「ギタートランク」が配され、友人を招いた楽しいパーティーのひとときを想わせます。また、スニーカーを収納するトランクやスケートボードなど、ニューヨークのストリートカルチャーを彷彿させるアイテムも。

 メゾンに受け継がれる匠の技と著名なデザイナーとのコラボレーションによって創造された逸品の数々を、世界一周旅行のテーマと共にお楽しみいただけます。
 

ルイ・ヴィトン「サヴォアフェール  イベント」

会期:
7月5日(火)-28日(木)および8月12日(金)-20日(土)
*7月29日(金)-8月11日(木・祝)はクローズいたします
*会期は変更になる場合もございます。詳細はルイ・ヴィトン 公式サイトをご確認ください

営業時間:
12:00-21:00

会場 :
ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店
港区六本木6-12-3 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り

ルイ・ヴィトンについて
1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という精神を忠実に受け継いでいます。ルイ・ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。これらの丁寧に製作された製品は、ルイ・ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。
詳細は、ルイ・ヴィトン 公式サイト www.louisvuitton.com をご覧ください。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

chaboo

楽しいことが大好きなアラフィフおやじ。
クルマとファッションへの愛は深い。
夏は毎週、丘サーファー(^^:;)として海に出かけ、冬はスキーヤーとして活動する。2児の父。

記事一覧

関連記事

限定750点! ~Happy Sweet Valentine…

大切なあの人に、2020年バレンタイン、まるでチョコレートのような石けん株式会社ドクターシーラボは、バレンタインギフトとして好評だった『チョコ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。