【SEIKO PROSPEX】1968ダイバーズの新アレンジモデル、全世界限定1,300本で限定販売

  1. アイテム

<セイコー プロスペックス> 美しい南極の永続を願い、1968ダイバーズがSave the Oceanシリーズから登場

~第63次南極地域観測隊とともに再び南極の地へ~

 

セイコーウオッチ株式会社は、<セイコー プロスペックス>から、1968 メカニカルダイバーズを最新技術で現代的にアレンジした数量限定モデルを2022年1月14日(金)より発売します。限定数量は全世界で1,300本です。

本作は、地球温暖化により失われつつある南極の美しい自然がいつまでも続くよう、願いを込めてデザインされています。本作は、海洋保護活動を支援するSave the Oceanシリーズに新たに加わるとともに、第63次南極地域観測隊に寄贈され、セイコーダイバーズとして約半世紀ぶりに南極の地へ赴きます。

過酷な環境下で冒険者の相棒として活躍したセイコーダイバーズ

1968 メカニカルダイバーズ

セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出してきました。1966年から1969年にかけては、日本の学術発展および国際協力事業の一環として、南極地域の観測を行うために派遣する「南極地域観測隊」の装備品として4回にわたって寄贈され、信頼性、安全性を第一に追求するセイコーダイバーズの性能が評価・実証されました。その後も地球のあらゆる過酷な環境下で多くの冒険家、探検家に使用されることで、高い信頼を獲得しています。
中でも、1968年に発売されたメカニカルダイバーズは、セイコーダイバーズウオッチの歴史を語る上で欠かすことができません。1968年当時としては世界最高水準の10振動ハイビートムーブメントを、裏ぶたのないワンピース構造の300m防水ケースに搭載した画期的なモデルでした。このマイルストーンに、現代的なデザインアレンジを施し、外装素材やムーブメントに最新技術を用いることで、オリジナルモデルの革新性を継承しながら、更なる進化を遂げた新モデルが誕生しました。

<商品特徴>
世界最高レベルの耐食性を備えた外装素材とダイバーズ専用のムーブメント

本作では、1968 メカニカルダイバーズの特徴である、上下のかん足を美しい鏡面で繋いだ流線型のフォルムを継承しながらも、そのスペックは約50年の時を経て大きな進化を遂げています。ケースとベゼルはもちろん、りゅうずに至るまで、世界最高レベルの耐食性と、白く美しい輝きを放つステンレススチール素材「エバーブリリアントスチール」を採用しています。プレミアムスポーツウオッチとして、長期使用に耐え得る外装素材を使用すると同時に、ねじロック式りゅうずの内部構造には、「着脱巻真パイプ構造」を採用。りゅうずが直接ケースではなく、ねじ溝が切られた専用パーツを介して固定されることで、ケース寿命が飛躍的に向上しています。ムーブメントには、雫石高級時計工房において製造されるダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー8L35を採用することで、腕時計としての基本性能が大幅に向上しています。

壮大な南極の世界をイメージしたダイヤル

ダイヤルには、壮大な南極の氷床を表現しています。南極氷床は約3,000万立方キロメートルの体積を有する、地球上で一番大きい氷の塊です。南極の大地を覆う氷床の壮大な景観をブルーグラデーションの型打ちダイヤルで再現しました。内面無反射コーティングを施したデュアルカーブサファイアガラスに加え、インデックスと時分秒針に塗布されたルミブライトによって、あらゆる環境下で高い視認性を担保します。

ストラップには、1968年当時のオリジナルモデルに使用されていた、特徴的な凹凸形状のテクスチャを再現していますが、材質は紫外線や汗、皮脂による劣化の少ない強化シリコンに改め、高い強度を実現しています。また、「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技法で編み込まれた、ブルーの付替用ファブリックストラップが付属します。タフな使用環境での長時間使用にも耐え得る耐久性を有するだけでなく、袋状に編み上げる構造と、糸を斜めに織り上げることにより、肌当たりの良い快適な装着性と上品な仕上がりで審美性も兼ね備えています。

第63次南極地域観測隊へ寄贈

右:第63次南極地域観測隊 越冬隊長 澤柿 教伸氏 左:セイコーウオッチ 代表取締役社長 内藤 昭男 <セイコー プロスペックス>は、これまでセイコーダイバーズを愛用しているダイバーや、大いなる海へ感謝の気持ちを込め、Save the Oceanシリーズの売上の一部を寄付し、海洋保護に貢献しています。今回は、その活動の一環として、南極地域観測隊を派遣する国立極地研究所への支援を行いました。そして同時に、第63次南極地域観測隊へ本作を寄贈しました。
過去、セイコーは、1966年以降4度にわたり、ダイバーズウオッチをはじめとした数々の製品を南極地域観測隊に贈呈した実績がありますが、この寄贈により、およそ半世紀ぶりの連携が実現しました。セイコーは、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)の目標14(海の豊かさを守ろう)を念頭に、今後も活動を継続していきます。
 

左上:1966年 南極観測船“ふじ”に設置された船舶用水晶時計 右上:1967年 セイコーダイバーズを試験する隊長と隊員 下: 1967年 南極地域観測隊越冬隊に寄贈された各種時計

<商品仕様>
<セイコー プロスペックス>1968 メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean 限定モデル

品番SBDX049
希望小売価格(税込)506,000円
ケースエバーブリリアントスチール
ストラップ強化シリコン
※付け替え用のポリエステルストラップつき
ガラスデュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
防水性能200m空気潜水用防水
ケースサイズ[外径] 42.6㎜(りゅうず含まず)[厚さ] 13.1㎜
限定数量世界限定:1,300本(うち国内:300本)
発売予定日2022年1月14日(金)

その他仕様
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/sbdx049

【ムーブメント仕様】
メカニカルムーブメント キャリバー8L35
巻上方式:自動巻(手巻つき)
時間精度:平均日差+15秒~−10秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
パワーリザーブ: 約50時間
石数:26石
振動数:28,800振動/時(8振動/秒)

お問い合わせ先
セイコーウオッチ(株)お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)
セイコーウオッチ(株)の公式Webサイトアドレス
https://www.seikowatches.com
<セイコー プロスペックス> 1968 メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean 限定モデル 特設ページ
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/1968-savetheocean/

 

 

 

joymum

インテリア&ファブリック業界の企画開発界隈でうろうろウン十と数年。もう「WITH エイジング」でいこう!をモットーに、毎日5kmじょいの介との散歩と、まったりが心の支え。いつかカモメ食堂みたいな北欧の暮らしを夢見る日々を過ごす。

記事一覧

関連記事

DTEC with Studie TOYOTA GR SUP…

DTECとStudieのコラボレーション第一弾はTOYOTA GR SUPRA用スポーツステアリング。ステアリングフィールとインテリアの質感を豹変させるこだわりの大人の逸…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。